強制加入の自賠責保険

自動車を持っている人が強制的に加入する自賠責保険は、運転時に歩行者などを傷つけてしまった場合、一定金額を上限として補償をするための制度です。原則として、損害保険会社または、共済組合と契約して自賠責保険に加入しますが、その役割と補償限度額などを詳しく説明します。

自賠責保険でカバーできる補償の範囲

自動車のオーナーは、車検の際に自賠責保険に加入しなければなりません。自賠責保険の保険料は、車種や保険期間によって異なります。普通車の1年契約なら15000円程度です。自賠責保険に加入すると、一定額…

相手の怪我の状態によって補償額が異なる

自動車を運転する人たちが半ば強制的に加入することになる保険が「自賠責保険」です。どうして強制的に保険に加入することになるかというと、事故というのは自分一人で起こすこともありますが、相手が居てはじめ…

ネット型自動車保険の安さの秘密

最近人気があるネット型自動車保険ですが、実店舗を持たないため経費の削減ができ、その分保険料が安くなっています。

事故によって運転者が怪我をした場合は保険適応外

自賠責保険は運転者は対象外

全ての車の所有者は、自賠責保険の加入が義務付けられていますが、その保障は人のみ、対人だけです。建物や相手の車などは対象になりません。車を運転中の事故で、相手の車や建物を破損させても補償はないのです。また対象の「人」は運転者、運行供用者以外とされています。運行供用者とは、車の所有者などです。つまり事故を起こした場合に、運転者と、運行供用者でない同乗者がけがをした際には、同乗者は補償されますが、運転者は補償されません。自賠責保険では運転者は補償の対象になっていないのです。自賠責保険は強制加入ですが、それだけに加入していれば良いというわけではないと言えます。運転者の補償も考えるならばその対象の保険に入る必要があるということです。

自賠責保険だけでなく任意保険も必要

自動車保険には自賠責保険以外に任意保険があります。自賠責保険が人だけが対象なのに対し、任意保険は対人、対物は必須ですが、それ以外は選択できるようになっているのです。対物というのは被害者の財産、つまり被害者の車や建物のことを指します。運転手の怪我を補償するには搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険などに加入すればカバーできるのです。自賠責保険で対人は補償できるのだから、任意保険では対人は外したいと思う人がいるかもしれませんが、それでは不十分と考えられます。自賠責保険は補償に限度額があるので賠償額が高額になった場合、足りなくなるおそれがあるのです。任意保険は対人、対物は無制限なので、対人の場合はその足りない分を補ってくれます。運転者の補償のみならず、対人の補償の足りない分と対物の補償があるので、自賠責保険だけでなく任意保険も必須といえます。

任意で加入できる任意保険

自賠責保険だけでも自動車の運転は可能ですが、運転者または同乗者が怪我をした場合、補償ができないなどのデメリットが発生します。そういったケースでも補償を得るため、多くの損害保険会社によって、様々な種類の任意保険が販売されています。

任意保険で実現できる内容

自動車保険には、自賠責保険に代表される強制保険と、個々人が任意で加入することができる任意保険の二種類があります。このうち、任意保険で実現できる内容には様々なものがありますが、なかでも大きなものは他…

自賠責保険よりも高額の補償が可能に

自動車を運転している人の中には、「自分は絶対に事故を起こさない自信がある」という人も居るかもしれません。しかし世の中では毎日数千件もの交通事故が発生しているのは紛れもない事実です。そして、交通事故…

車や物にも補償が適応される

自動車の所有者になったら、車検を通す際に自賠責保険に加入しなければなりません。誰でも車を運転すれば、他人に怪我を負わせる事故を起こす可能性が生じるからです。自賠責保険は対人賠償を目的とするもので、…