相手の怪我の状態によって補償額が異なる

状態別の限度額について

自動車を運転する人たちが半ば強制的に加入することになる保険が「自賠責保険」です。どうして強制的に保険に加入することになるかというと、事故というのは自分一人で起こすこともありますが、相手が居てはじめて発生する事故もたくさんあります。行動にはたくさんの自動車や歩行者が居るので、自分が100パーセント交通ルールを守っていたとしても、相手も同じように守っているとは限りません。そのためいつ、どこで事故を起こすか分からないのです。そういった万が一の時に運転手を経済的にサポートすることが必要なので、強制的に自賠責保険の加入が義務付けられているというわけです。自賠責保険の保険料はケガの程度で異なり、例えば通常のケガは限度額120万円、死亡した場合の限度額は3,000万円となっています。

任意保険に加入したほうが良い

しかし、ほとんどの人は自賠責保険とは別に任意保険に加入し、毎年保険料を支払っています。どうしてわざわざ高い保険料を支払ってまで任意保険に加入しているのかというと、自賠責保険の補償額だけでは不十分だからです。特に死亡事故の場合、事故の程度や状況によっては数億円の慰謝料を請求されることも多々あります。しかし自賠責保険の死亡時の限度額はたった3,000万円なので全く足りません。足りない分は自腹で出さないといけないので、すべての財産を手放すこととなるでしょう。そして死亡事故はどれだけ気を付けていても発生確率をゼロにすることはできません。万が一のことを考えて自動車を運転しているドライバーのほとんどは何らかの任意保険に加入しています。