任意保険で実現できる内容

他人の怪我や財産の損害をカバーできる

自動車保険には、自賠責保険に代表される強制保険と、個々人が任意で加入することができる任意保険の二種類があります。このうち、任意保険で実現できる内容には様々なものがありますが、なかでも大きなものは他人の怪我や財産の損害を保険金でカバーできるという点です。まず、他人の怪我については、自賠責保険でもカバーできるのですが、当該保険には上限額が設けられていますので、万が一、事故を起こして相手方が死亡してしまったようなケースにはすべての損害をその保険金だけで賄うことが困難となる可能性があります。この点、支払限度額のない任意保険に加入していれば、そういったケースでも自己負担を回避できるため、いざというときに安心なのです。

自分の怪我や財産の損害もカバーできる

任意保険に加入することで実現できる内容の二つ目は、自分の怪我や財産の損害についても保険金でカバーできるという点です。強制保険である自賠責保険は、あくまでも他人の怪我などしか対象としていないため、車の運転者自身が事故などで怪我をしたり、自分の持ち物を壊してしまったとしても、保険金を得ることはできません。事故を起こした場合には、自らも多大な損害を被る可能性が高いため、強制保険だけに頼っていると、十分にその損害をカバーしきれないという事態に陥ります。この点、任意保険であれば、自分の損失についても一定範囲でカバーできるように自由に契約条件を定められますので、いざというときに備えて加入しておくと良いでしょう。