自賠責保険でカバーできる補償の範囲

自賠責保険とはどんなものか?

自動車のオーナーは、車検の際に自賠責保険に加入しなければなりません。自賠責保険の保険料は、車種や保険期間によって異なります。普通車の1年契約なら15000円程度です。自賠責保険に加入すると、一定額の対人賠償が保証されます。自動車を運転すれば誰でも事故を起こし他人を死傷させるリスクを背負うことになるので、自動車の所有者全員が加入を強制される保険なのです。このように、自賠責保険は強制加入保険とされていますが、車検が切れているのにそのまま走行している自動車は、自賠責保険にも加入していないため、事故を起こしても保険が適用されません。こうした無保険車との事故に備えて、民間の任意保険では搭乗者傷害保険などを設定しています。

自賠責保険のカバーする範囲

自賠責保険の保証対象は対人賠償だけですが、その内容は傷害部分・死亡事故・後遺障害部分の3つに分かれており、それぞれ賠償金額の上限が異なります。まず、傷害部分については、症状が固定するまでの治療費・看護料・通院交通費などの損害賠償を保証し、上限は120万円までとされています。相手を死亡させてしまった事故の場合には、慰謝料の上限が3000万円とやや低額になっています。大抵の場合、死亡事故の賠償額はこの上限を超えるため、自賠責保険だけではカバーしきれず任意保険で補填することになるのです。後遺障害部分については、後遺障害の程度を区分する等級によって上限が異なり、最も重度の後遺障害を被った場合の賠償額は4000万円と定められています。