車や物にも補償が適応される

任意保険と自賠責保険の違い

自動車の所有者になったら、車検を通す際に自賠責保険に加入しなければなりません。誰でも車を運転すれば、他人に怪我を負わせる事故を起こす可能性が生じるからです。自賠責保険は対人賠償を目的とするもので、車など物的損害が生じた場合には保証されません。また、対人賠償についても賠償額の上限が低いため、事故を起こした際に相手に重傷を負わせたり死亡させたりしたら、自賠責保険だけではカバーしきれないでしょう。そこで、車のオーナーは、通常自賠責保険だけでなく対人・対物ともに賠償額が無制限の任意保険に加入することが望ましいと言えます。任意保険は民間の保険会社が保証するもので、保険料や保証範囲も様々です。オンライン手続きや契約書のデジタル化などによって、保険料が安くなるシステムを採用する保険会社が多く、利用者の金銭的負担も減りつつあると言えるでしょう。

任意保険の適用範囲について

任意保険に加入すると、自賠責保険では保証しきれない高額の対人賠償をカバーできるほか、搭乗者傷害や対物賠償など様々な保証が期待できるでしょう。任意保険なら、自分の車内に乗せていた携行品が壊れた場合にも保証される特約を付けることが可能です。対物賠償では、事故で相手の車に与えた損傷の修理代金をカバーするだけでなく、単独事故で破損した電柱・ガードレール・塀などの補修代金も保証されます。さらに、日常事故賠償特約を付帯すれば、車の運転中でなくても、他人の所有物に損害を与えた場合に賠償金を保証してもらえます。日常事故とは、自転車に乗っている時やスキーなどのレジャー中に、他人とぶつかって他人の所有物を壊した場合などを指します。