自賠責保険よりも高額の補償が可能に

運転する人はだれでも事故を起こす可能性がある

自動車を運転している人の中には、「自分は絶対に事故を起こさない自信がある」という人も居るかもしれません。しかし世の中では毎日数千件もの交通事故が発生しているのは紛れもない事実です。そして、交通事故を運悪く起こしてしまった人たちの大部分が交通事故を起こそうと思って起こしているのではありません。交通ルールというのは誰もが安全に公道を走行出来たり、歩いたりできるようにできているので、行動を走っている車を運転しているドライバーや歩行者が全員交通ルールを完璧に守りさえすれば事故は発生しません。しかし中には「これくらいならば大丈夫だろう」という理由で、スピードを出してしまったり、急いでいるという理由で確認を怠ってしまったりする人たちが居ます。自分がいくら気を使っても相手がそういった気持ちだと事故は発生します。もしもの時のために、自動車保険には必ず加入しておかなければいけません。

自賠責保険では補償額が不十分

そのため、自動車を購入または車検を受けた際には強制的に「自賠責保険」に加入します。普通ならば自賠責保険という保険に強制的に入るからそれで十分だと考えるかもしれません。しかし交通事故の賠償金というのははっきりとは定められておらず、事故の程度で大きく変わります。特に死亡事故の場合、状況によっては数億円の賠償金を請求されることもあるのですが、自賠責保険だけだと死亡事故の限度額は3,000万円です。これでは賠償金がまったく足りません。そのため、万が一のことを考えて自動車を所有している人たちは自賠責保険とともに不足している補償額を補填するという目的で任意保険に加入しています。任意保険であれば対人、対物の賠償金の限度額を上限なしに設定可能です。